カーボンクリーンシステム

カーボンクリーンシステムの効果

JABISのカーボンクリーンシステムは、エンジン内部(燃料ライン・燃焼室及び、インテイク系統)を高性能ケミカルを使用し、これまでエンジンを分解しなければできなかった、カーボン、その他の汚れを除去できる先進的技術です。

カーボンクリーン テレビ取材1
 
カーボンクリーンシステムサービス

走行距離が20,000km以上に達したお車、燃費が悪くなった、
馬力が低下したお車には カーボンクリーンシステムサービスを受けることをお奨めします!

  •  燃費が回復します!
  •  馬力が回復します!
  •  有害排ガス(黒煙、CO、HC)が低減します!
  •  エンジン音が静かになります!
  •  吹け上がりが良くなります!
  •  振動が納まります!
  •  アクセルレスポンスが良くなります!
  •  オイル上がりやノッキングが改善します!

洗浄効果は、内視鏡などで洗浄前後のエンジン内を覗けば一目瞭然です。

カーボンクリーンシステムの効果は、世界中の試験機関でテストされ、効果は証明されております。
世界の有名テスト機関で行ったテスト結果は以下の通りです。

燃 費 5~15% 改善
有害排ガス 15~60% 低減
馬 力 15~45% 改善
トルク ~30% 改善
ドライバビリティ ~50% 改善
コンプレッション ~50% 上昇

カーボンクリーンシステムの評価

カーボンクリーンシステムの効果は、様々な雑誌やインターネット上にてテストされ、 絶賛紹介されております!

【雑誌】

  •  「Daytona 2002年 8月号」(アメ車専門誌)
  •  「4WD CRAFT 1998年3月号」(4駆専門誌)
  •  「Car & Maintenance 2002年 5月号」(整備専門誌)
  •  「Auto Club 1998年1月号」(欧州車専門誌)
  •  「CARBOY 2002年 5月号」(チューニング専門誌)
  •  「自動車工学 1997年 10月号」(整備専門誌)
  •  「オートパーツ 2002年 9月号」(チューニング専門誌)
  •  「DAYTONA 1997年 9月号」(アメ車専門誌)
  •  「911&ポルシェ マガジン 1999年 冬号」(ポルシェ専門誌)
  •  「オートメカニック 1997年 3月号」(カーメンテナンス専門誌)
  •  「BIG MACHINE 1999年 2月号」(バイク専門誌)
  •  「MOTOR VEHICLE 1995年 4月号」(トラック・バス専門誌)
  •  「4WD エクスプローラー 1998年 4月号」(4駆専門誌)

【インターネット】

このページのTOPに戻る

クリーンニングの方法

燃料の送りライン(赤)(フューエルフィルター→エンジンの接続部より)と
戻りライン(黒) (プレッシェーレギュレーターの後部)にカーボンクリーンシステム機械を接続し 薬剤と燃料の混合液によりアイドリングしながら洗浄を行います。

下図参照

直列4気筒エンジン(インジェクション)接続例

【 洗浄時間目安(接続時間を除く)】

ガソリンエンジン ディーゼルエンジン
4気筒 15分 4000cc以下 35分
6気筒 20分 4000cc以上 45分
8気筒 25分 --- ---
このページのTOPに戻る

機械と洗浄薬剤

機械

ガソリン車専用/フューエルプロ-XGS(世界標準最新機種)

フューエルプロ-XGS フューエルプロ-XGS
フューエルプロ-XGS
ガソリン車専用/FI-1
ガソリン車専用

小さな巨人!バス・トラック以外何でも洗浄出来ます。

  •  どこでもできる12V(車載バッテリー)D.C.による駆動。
  •  7.5リットルエンジンまで対応可
  •  インテークマニホールド洗浄可
  •  インジェクター、燃料ポンプ、燃圧レギュレーター診断機能
  •  余裕の2年保証付き
  •  油入り燃圧計は、PSIとBARの目盛り付き
  •  洗浄終了を知らせるタイマー付き
  •  アダプター等を収納する引出し付き
  •  タンクは、薬剤混合のためのチャート付き

オプション:専用カート

ディーゼル車専用/D-1000
ディーゼル車専用

重~軽ディーゼル車対応!

  •  どこでもできる12V(車載バッテリー)D.C.による駆動。
  •  洗浄終了を知らせるタイマー付き万全の2年保証付き
  •  2500馬力までのディーゼルエンジンに対応
  •  重量車から軽ディーゼル車対応アダプター 標準装備
部品

専用アダプター

カーボンクリーンシステム用アダプター
  •  カーボンクリーンシステム用アダプターです。
薬剤
ディーゼル車用洗浄薬剤:D-502
ディーゼル車用洗浄薬剤
ガソリン車用洗浄薬剤:GX-302/GX-302S
カーボンクリーンシステム用洗浄薬剤
薬剤
ディーゼル車用洗浄薬剤:D-501
ディーゼル車用洗浄薬剤
ガソリン車用洗浄薬剤:GX-301
洗浄薬剤  ガソリン用
カーボンクリーンの歴史 カーボンクリーンの歴史

カーボン・クリーンの開発は、遠く第2次世界大戦にまでさかのぼります。
当時、米海軍は軍艦の大砲に付着するカーボンと金属紛に悩まされており、これを洗浄する薬剤としてカーボン・クリーンのゾルベントの原型が開発されました。

この薬剤を基に、化学者によって内燃機関の有機、無機の汚れを洗浄するソルベントとなりました。

燃料の安い時代、大気の汚れを気にかけない時代には振り向かれることはありませんでしたが、1980年代に入り、自動車の排ガスが米国、特にカリフォルニアで問題となり、さらには燃料も第1次、第2次のオイルショックで高価になってくると、エンジンを洗浄し汚れた排ガスを出さず、馬力の回復と燃費とが意味を持つようになりました。

1985年、パーカーオートモーティブ社は、ソルベントの特許を化学者から買い上げ、洗浄用の機械を製造し、一般的に広く売り出しました。
後に、モーターバック社(国際的には、カーボン・クリーン インターナショナル社)と名前を変え、現在に至っています。

機械は米国を中心に、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア等、世界50ヶ国で7,000台が稼動しています。
昨年12月、オハイオ州では、96年1月より同州に登録してある車の排ガスチェックを行なうことになりました、排ガステストに落ちた車を修理する整備工場には、カーボン・クリーンを具備することが義務づけられました。

このページのTOPに戻る
バス・トラック 4輪 2輪
エンジン完全再生とは? ソリューションサービス 環境推奨サービス サービス実施店 ケミカルプロダクツ よくある質問Q&A